メディア処理

PCM音声を対数圧縮するコーデック。振幅の小さな部分の情報量は大きく、振幅の大きな部分は粗く量子化するため、情報圧縮が可能となる。
量子化に用いる表にA則とμ則があり、日本のISDNではμ則が用いられる。

入力

8kHzサンプリング、16bit、1チャネルのリニアPCM

出力

8bitストリーム、64kbps


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 06 Aug 2005 21:47:44 JST (4880d)