PC/AT

Programable I/O

モード0 3.33Mbytes/s  
モード1 5.22Mbytes/s  
モード2 8.33Mbytes/s  
モード3 11.1Mbytes/s  
モード4 16.6Mbytes/s  

Singleword DMA

モード0 2.08Mbytes/s  
モード1 4.16Mbytes/s  
モード2 8.33Mbytes/s  

Multiword DMA

モード0 4.16Mbytes/s  
モード1 13.3Mbytes/s  
モード2 16.6Mbytes/s  

Ultra DMA

モード0 16.6Mbytes/s  
モード1 25Mbytes/s  
モード2 33.3Mbytes/s 
モード3 44.4Mbytes/s  
モード4 66.6Mbytes/s 
モード5 100Mbytes/s

WindowsXPにおいて、ハードディスクがいつの間にか「PIOモード」に 設定されていることがある。これはATAPIドライバで一定回数転送エラーが 発生した場合に自動的に低速モードに設定されるためである。
いつの間にかカーネルのCPU負荷が上がりっぱなしになることで気づくであろう

http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/075/

またはデバイスマネージャでIDEコントローラとプライマリ、セカンダリチャネルのデバイスドライバを削除することで回避可能


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 28 Jun 2005 05:01:29 JST (4922d)