Adaptive Multi Rate

CELP系の音声圧縮伸張コーデック
有名なところでは3GPP規格の携帯電話の音声部に用いられている.
日本でいえばFOMAとか

8KHz,16bitでサンプリングされたPCMデータに対して圧縮をかける.コーデックへの入出力単位は20msecである160サンプルである
ビットレートはプリセットされた値を選択する半固定方式
1フレーム単位でビットレートを変更することができる.デコーダ側はヘッダからパケットのビットレートの判定を行い,データ長を決定する

3GPP規格ではAMRのヘッダ&データ形式にLittle EndianのIF2形式フォーマットとBig Endian形式のIF1フォーマットが存在する
昔はIF2であったが,現在はIF1がメイン
かと思えばファイルの蓄積するときは,AMRファイルヘッダを持つ形式になる

AMRの再生にはDCIが不要であるため,どのフレームから再生を開始してもかまわない.しかし,CELP系の音声コーデックは前後フレームの相関を見るため,フレーム欠落があると音に誤差が発生する.

3GPPから固定小数点,浮動小数点のリファレンスコードと,動作検証用サンプル音声ファイルを入手可能である.


添付ファイル: file0030848346.mp3 450件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 02 Mar 2007 07:56:09 JST (4308d)